ツリートップス エグゼクティブ レジデンスでエコラグジュアリーな暮らし

ツリートップス エグゼクティブ レジデンスは、Edmund Tie & Company Hospitality Management Servicesが管理している高級サービスアパートメントです。全220室あるお部屋には、エコラグジュアリーな最高の環境が整っており、リフレッシュできるリゾートスタイルのお部屋の中で、まるで我が家にいるかのような生活ができます。

オレンジグローブロードに位置しており、きれいに手入れされた自生樹木や植物の緑が広がる5エーカーの敷地から、ゆっくり歩いてすぐの場所にシンガポールのショッピングとエンターテイメントの中心である活気に満ちたオーチャードロードがあります。

さまざまな美しい動植物の数々を眺め、すばらしい自然の癒しが残る環境に居ながら、シンガポール中心地にある数多くのレストラン、エンターテイメント施設、ショップにアクセスでき、日常生活やレジャー、ビジネスのニーズに応えるツリートップスの豊富なアメニティやサービスを楽しむことができます。

ツリートップスは、利便性を生かしながら、アーバンライフの喧騒から逃れたいという都会の人々におすすめする居住施設です。行き届いたおもてなしと健やかな暮らしをお約束することで、こだわりのある旅行者の方々にも貢献できる環境にやさしい第二の我が家を提供しています。

また、ツリートップス エグゼクティブ レジデンスでは、心身ともにエコラグジュアリーな暮らしを体験いただくために、基本に立ち返り、生活の中で必要不可欠なニーズを純粋に追求することで、すべてのお客様およびスタッフの生活の質の向上を目指しています。「Discover Green(環境にやさしい暮らし体験)」という理念に、ぬくもりとおもてなしのある健やかな生活を大切にする精神を融合し、心身ともに満足できる生活のために、体、心、そして魂を育むことを住まいのコンセプトとしています。

現在、ツリートップスはシンガポールにおける一流のサービスアパートメントの1つとして、世界中のビジネスエグゼクティブやレジャーに訪れる旅行者に滞在先としてご愛用いただいております。

ツリートップス レジデンスの歴史

1945年、個人居住用施設としてささやかに不動産用地の運営が始まり、1953年には戸数60戸のアパートメントへ発展。その後、2000年に物件の解体と再建を経て、オレンジグローブロードという絶好のロケーションに位置し、戸数220戸を誇る高級サービスアパートメントとして、現在の「ツリートップス エグゼクティブ レジデンス」が誕生しました。

ツリートップスはSallim Talib Family Settlement Trustが所有し、British Malayan Trustees Limitedにより管理されています。